ラディアルナイトチェイサーで泣いた話

やっと「春が来てぼくら」を手に入れた。

題名通り、わたしは

ラディアルナイトチェイサーで泣いた。

日本中探してもこの曲で泣いたのは

わたしだけだろう。


春が来てぼくらを1月に聞いたときから

なにか違う感じがしていた。

いい意味でユニゾンっぽくないというか。

わたしがずっとクラシックに触れ、

音楽理論も勉強しているせいだと思うが

今回の曲の転調は「そうなる?」

と思うところが多かった。

おかしなことをやってのけるのが

田淵智也であり、ユニゾンであるし

今までにも変な転調だと思う曲はあったけど

春が来てぼくらに関しては異常さがある。

mmmに続く次の一手としては

大成功なのだろう。

全てのことを田淵は

計算して作っているのだろう。

そう思うにしても異常さは拭えなかった。


が、

やっぱりユニゾンはユニゾンだった。

ラディアルがそう思わせてくれた。

冒頭からユニゾンのダークな部分が滲み出てる。

というか、曲名からユニゾン流ダーク。

パンデミックサドンデスと同じ香りがする。

ニゾンらしいダーク、ユニゾンらしい音

ニゾンらしい難しい一聴しただけでは

わからない言葉。

わたしの求めるユニゾンがここにあった。

だから自然と涙が出た。

さらに続けてMicro Paradiso!

ここにもユニゾンらしさが散りばめられていた。

台詞、終わると見せかけて終わらない。

ポップな旋律。

(サビのメロディが

サンタクロースは渋滞中と同じだよね)


カップリング2曲を聴いて

もうさすがとしか言えない。

きっとここまで考えての

sg「春が来てぼくら」だ。

これだからユニゾンのファンはやめられない。


うたうときのコツ的な

ちょろちょろっとついったーに書いてたら

参考になるって言われたので調子乗ります♡



高音出したい人や

ファルセット使えるようになりたい人向けです◎


まず、いきなり無理に出すことは禁物です

余計にのど痛めちゃうよ〜!


次に自分の声について知りましょう

・たまに出るけど長続きしない人→①へ

・口の中でこもって飛ばない、声量が足りない人→②へ

・そもそもでない人→③へ


たまに出るというのは

音を当てる位置がハマるということ、

なので音を当てる位置を探りましょう


腹式呼吸あるのみ!

口の中を広く保ちましょう、

イメージとしては卵ひとつ分の空間を!


体の使い方を身につけましょう

(①や②の人も参考にしてね)

基本姿勢はピンと背筋を伸ばして立ちます

猫背の人は一度肩をぐるっと回して

一番高い位置からストンと落としてください

そうすると背筋ピンと綺麗な姿勢になります

声を出すのは丹田から!

おへそから指3本分くらい下の位置を意識します

お腹全体に力を入れたり

腹筋が大事と思いがちだけど、

丹田に力を入れたら大丈夫!

あと力をいれる場所は背筋です

息を吸った時に

背筋に息が入っていくイメージを

持ちましょう、息を出す時も背筋から!


あとは目線は上!

 高音やファルセット使うときに

よく目をつむる人がいるけど、

あれは出しにくくなるので目はあけてね〜!


高音を出すときにその音めがけて一直線!

ではなくちょっと上から狙って撃ち落とす

みたいなイメージを持ってると良いかも

手の動きをつけて♪あ〜って発声やるのは効果的



好みもあるけど

ウーロン茶や紅茶、

酵素を含むフルーツジュースは

喉の粘膜を溶かしてしまうので

歌うときには不向きです




当たり前だけど人それぞれ体が違うので

私のやり方が合うかどうかは

わかりませんが、少しでも読んでくれた人が

歌うのたのしい!って

思ってくれたら嬉しいです♡

ライブで身を守るためのはなし

2018年2月7日、ACCIDENT CODE”R”に行ってきた。

ライブはとても楽しかったけど、

命の危険を感じたからそのはなし。

ちょっと怖いかもしれないけど、

誰の身にも起こる話だとおもうし

これから自分自身がライブを楽しむための覚書。


前提として

1.初BIG CATで勝手がわからない

2.もともと低血圧で目眩、立ちくらみが多い


私の整理番号は679番で、

850人キャパのBIG CATでは

かなり後ろの方だなと思っていた。

開場して入ると案の定フロアの3/4くらいまで人が埋まっていた。

まあそんなもんだろう、

じゃあ今日は後ろの方で大人見かな

と中央付近斎藤寄りに位置取る。

オチケンさんのアクトが終わり、

絵の具が流れる、、、

えっめっちゃ押される???

え私押されてる???

この時点で若干パニック。

気づくとつま先立ちで

フロアの1/4くらいのところまで来てる。

こんな前にくるはずじゃなかったけど

まあ近くで見れるしいっかと

押される波に乗っかる。

「何かが変わりそう」

まだ押される、これ以上前に行けない。

でも押される。

今思えば乗車率300%の電車

ってあんな感じなんだろうか。

そのくらい激しかった。

オリオンをなぞる

この辺りから前後に押されていたのが

左右にも揺すられるようになる。

まるでフロア自体が左右に45°傾けられるのを

繰り返されるようだった。

私は比較的女子の中でも背が高い方だから

ある程度安定を保てていたけど、

周りの私より背の低い女の子は

何人も倒れそうだった。

Invisible Sensation

熱気がすごくなってきた。

あれ?私なんかしんどい、、、

息できない、吸った空気が熱い。

冷たい空気が吸いたくても

人に揉まれ、どこもかしこも熱い空気。

頭がふらつく、あ、これヤバいやつ。

もうちょっと前に行けば楽になるだろうか、

せめてなにか掴むものがあれば、、、

ここまで思考回路が繋がって

とりあえず壁、、、息が吸えるようにしなきゃ、落ち着かなきゃ、倒れてもスタッフに見つけてもらえるようにしなきゃ

そう考えた時にはユニゾンに背を向け、

前に行こうとする人の波に逆らって

後ろに戻っていた。

フロアの1/2くらいまで戻ったところで

冷たい空気が吸えるようになった。

はあ、落ち着いた大丈夫。

とここまでが私の今日の状況。

その後は体調も良くなり楽しめた。



こうなった原因。

1.幕張で斎藤側が圧縮されてたのを

見てたのにも関わらず斎藤側にいたこと。

2.ヒートテックを着ていたこと。

3.水分補給を十分に行わなかったこと。


特に3。

オチケンさんも言ってた

「冬だからって油断するな」

その通りなんです。

特に私みたいな低血圧の子は。

でもあんなフロアでカップドリンク飲めないじゃん、だ

からみんな終演後にドリンク貰うんだけどさ。

もし会場のドリンクメニューに

ペットボトルのドリンクがあるなら

割高だと思っても貰うべき。

ペットボトルがない、

持ち込みできないなら

飴をカバンに忍ばせるべき。

しっかりした水分補給ができなくても

唾液でなんとかなる。


不幸中の幸いというべきか(不幸でもないが)

私自身、貧血や熱中症で倒れた経験があるから

「あ、自分やばい倒れる」って気づけた。

ない人はほんとに気をつけた方がいい。


でね、前まで行ってしまったら

後ろ戻れないから諦めるしかない

って思う人もいると思う。

そういう人が倒れてしまうんではないかと。

でもユニゾンファンみんな優しいし、

意外と周りを見てる。

前から戻ってくる人がいたら

みんなちょっと道あけてくれる。

私が戻っていくときも何人か

「あっ」って顔してあけてくれた。

助かった。



前の方が楽しいのもわかる、

でも自分の体調を犠牲にしてまで

前の方で楽しむか?

ニゾンは後ろの方まで楽しませてくれるよ。

なによりも大事なのは自分の身体。

それを学んだ0207でした。




わたしのすきな歌詞

フォロワーさんから良いきっかけを貰った
だからちょっと歌詞について書く
⚠︎個人的見解なので悪しからず。

わたしの好きなアーティストと
彼氏の好きなアーティストが全然違うんだよね
わたしはユニゾン、ラッドが好きだし
SHISHAMO、バニラズも最近聴く
彼氏はわたしが好きな上記のバンドは聴かない
平井堅とかback numberが好きらしい

この違いってなんだろう?

わたしの見解
『声を活かせる歌詞が違うのではないか』

違いってなんだろうって考えてるうちに
この世の歌う人たちには
3種類いるんじゃないかと思うようになった

まず
①情景描写を歌うと輝く声
→バニラズ、SHISHAMO
牧くんの声も朝子ちゃんの声も
歌ってる情景が浮かびやすい
ラッキースターとか生きるガールとか
めっちゃその様子浮かぶ

次に
②どんな歌詞も意味を持たせられる声
→ユニゾン、ラッド
ニゾンもラッドも
訳のわからん歌詞ばっかやし、
「は?なんて???」
って思うこと多い
それでも宏介、洋次郎が歌うと
なんか意味があるように聴こえて
想像が広がる(いや意味あるんだけどさ)
「退屈なレモネード」とか
「タイムフライヤー」とか
めっちゃ世界広がる歌詞だよね

最後
③悲恋と切なさを歌ったら輝く声
これが彼氏が好きな人たちだと思うんだよね
back numberとか切ない恋を歌わせたら
邦ロック1じゃない?
「雪が綺麗と笑うのは君がいい」
幸せそうな歌詞なのにめっちゃ切なくない?
それってすごくない???


まあこうやって自分の中で分類して
わたしは自分で想像させる余地がある
歌詞と声が好きなんだと思った
なんか愛だの恋だの世界平和だの
言い切っちゃったらつまんないじゃん
こっちに想像させてくれよ、
楽しませてくれよって言うのが
わたしの好みの根源だと思ったのです


相変わらずまとまりない文になりました
ほんのすこしでも何か伝わってるといいな


♡Special Thanks…茶渋



12月8日の覚え書き

読んでくれてる人はありがとうございます。

ブログはお久しぶりです。


12月8日のZepp Osaka Bayside公演から

わたしのOne roll,One romanceツアーが

始まりました(遅いな)

その覚え書きとか思ったことを

つらつらと書いていこうかな〜


ネタバレ含みますので、

嫌な方はそっと閉じてくださいね。






SEが鳴って普段通り3人が出てきたんだけど斎藤くんが出てきた瞬間のあのザワッて鳥肌立つ感じ、初めて感じたんだけどベイサイドの魔法でしょうか。

サンポサキ最高of最高

喜怒哀楽の「何処にもない造形を」の

"を"が斎藤くん、ミスった気がする。

シューゲイザーとパンデミは

ニゾンの2大世間にバカヤロウ!と叫んでいる曲と思っていて大好きな2曲だから嬉しすぎました。

スノウアンサーな…

もう泣くよな…

斎藤くんソロのあのライトの感じとか

白いライトが後ろ振り向くと

2階席に当たって雪みたいになっててね…

「見ろバカ」のとこで

斎藤くんがマイク握って叫ぶのな…

そこでもう泣きました〜。笑

あと今年のセッション!

ノリノリ系でびっくりした〜!

けどめっちゃよかった〜!

今までで1番好きなセッションだなあ


初めて田淵側からみて

3人を見渡すことができて

お互いを見合ったりして笑いながら

やってるの見るとさすが昔から知ってるだけあるなあ、

ほんまに自分らの音楽が好きなんやなあ

って思いました…

ほんとに毎回思うけど

完全無欠のロックバンドで

この人たちを応援しててよかったって。



まあこんな中身ない感じでおわりまーす!



広告を非表示にする

チケットってなんなんだ

久しぶりに書くのが、愚痴なのやばいな

って思うけど自分の考えをまとめたい。

内容的には最悪なものなので

そのうち消しますよ。


去年、aぐるのコンサートに

同行させてもらった人(仮にBさん)と

喧嘩別れをした。

事の発端はaぐるのコンサートに一緒に同行させてもらったCちゃんからの連絡。

「ねえこれ私たちのことじゃない?」

って見せられたのが

『ライブ連れていってやったのに降りるとか恩知らず』『降りるとか結局誰でもいいんじゃん』『掛け持ちとかなんなの?』『チケット返すのが常識でしょ』

みたいな内容の裏垢のツイート。

私とCちゃんが2017年に入ってから

aぐるを降りたのは紛れもない事実。

Bさんは私が掛け持ちしてるの知ってて

繋がったはずなのに掛け持ちが叩かれてた。

私とCちゃんがコンサート入る前から

aぐるに違和感を感じてるのも知ってた。

え?わけわかんなくない???

私たちを受け入れた上で誘ったんでしょ?

私たちには『2人は数少ない友達だから』

『普通に遊びたい』って言ってたのに、え?

極め付けは

『譲ってやったのに天井席だったから

全然楽しそうじゃなかった』

は???私は初めての東京ドーム、

Cちゃんは初めてのコンサート。

これが楽しくないわけないでしょう?

実際隣で楽しんでる私たち見てたじゃない、

天井席天井席って文句言ってたのは

貴方でしょう?

こんな感じで「はあ?」って思うことが増えた。

チケットは返すのが常識って

それもどうなのって話。

チケット譲ってもらったら

余った時に声掛けるっていうのはわかる、

わかるけど、

チケット譲り合う利益を共有するみたいな

関係ではなかったはずなんだけどな?

チケットは友人関係を繋ぎ止める道具じゃない

と少なくとも私とCちゃんは思ってた。


それから、私がBさんと繋がってる垢で

他の人に対して

「なんで降りたことが叩かれるの?」

ってツイートをした

そしたらBさんの裏垢が動いた、

めちゃめちゃ悪口言われてた

もう我慢ならん、繋がってる垢で

思ってることほとんど言ってやった

Bさんの裏垢に鍵がかかった

でもほら、ユーザー名検索すればある程度

リプでどんなツイートしてるかわかるじゃん?

被害者ヅラ。

もう呆れた。

貴方は今まで私たちの何を見てきたのか、

天井席に文句言ってたのも貴方、

最初に喧嘩売ってきたのも貴方、

私たちが検索すればすぐに見つけられる

裏垢で悪口言ってたのも貴方。

私たちは好きで降りたわけじゃない、

どれだけ泣いたかも知ってるでしょう。

なのに降りた人間は悪者扱い。

なんでなんだろうね、もう嫌になりました。

Bさんブロ解。

気づいたかなって思ったら

『aぐるとか関係なく仲良くしたかったのに』

今更どの口が言ってるの?虫が良すぎるわよ

バカにするのもいい加減にしてね。

このブログ見てるはずもないんだけど。


いちばん引くのがこのBさんが

私の1個上で某有名私大に通うエリート

だったってこと。

エリートでも人付き合いがうまくなきゃ

この世の中生きていけないんだと知りました。

ジャニヲタだった私がユニクラになったわけ。

2017-06-08 編集しました。


この春に小5からだから

だいたい10年くらい続けた

ジャニヲタを辞めました。

最後の1年は

某Aと某K(多すぎてわからんな)を

掛け持ちして、

今年の1月に某Aは見切りをつけて

さようならしました。

とはいっても

ある事件から某Kで担当してたKくん単推し

変更しただけだから辞めてないっちゃ

辞めてない。(事務所にお金落とすのは辞めた)

なんで某Aを辞めたかって

話をしようと思うんだけど

興味ないだろうから、箇条書き


①某Aにとってファンはファンじゃなくなった

②もう多ステとか全ステとかどうでもいい

③ビジュアルの酷さ

④なんでコンサートいって怒られなきゃいけねえんだよ


まあおっきな理由がこんな感じ、

ほかにもちっちゃい不満が

積み重なって辞めました。

でも好きだった頃の思い出は綺麗なまま。


でここからが本題で。

なんでそんな私がユニゾン惹かれたのか

という話。

ヲタク辞める前から

ニゾンは好きだったし、

なんなら曲なんかユニゾンのほうが良く聞いてた。

なに聞くん?って聞かれたら「ユニゾン!」

って即答するくらいには好きだった。

けど、Dr.Izzyを終えてユニゾンのライブも

経験して過去のブログも読み漁った私が

さらにニゾン惹かれた理由。

①ファンとバンドの線引き

ファンはファンじゃん、バンドはバンドじゃん、田淵の言葉を借りるなら「その間にあるのは音楽だけ」なんだよね。それがアイドルの視界に入ることだけを考えてファンサもらうことに必死になって「幸せにしてやるよ!」を真に受けてた私には新鮮だった。

②C&R気にしなくていいとか神

また田淵の言葉を借りると「好きなように音楽を楽しんだらいい」っていうユニゾンのライブ。新規と古株がC&Rで大揉めするのを見てきた私には神だと思えた。

③3人が3人の音楽に自信がある

アイドルが自信がないと言いたいわけではないよ。でも斎藤くんの「楽しませてもらいます!」って言うのは自信がないと言えない言葉だと思うんだ。あと斎藤くんの「UNISON SQUARE GARDENのボーカルは僕しかいない」田淵の「僕にはそこそこ歌を作る才能があってセットリストを組む才能がかなりある、おまけに他の2人はスーパーミュージシャンだ」「斎藤くんの歌は今日もバケモンだった」とか。実際ブログ読んでても3人全員UNISON SQUARE GARDENに自信あるよね。素敵だ。

④多ステに対する話

すごくない?ミュージシャン側があんなに明確に意見するって珍しいことだと思うの。多ステ勢が叩かれ、アイドルはなにも言わない世界にいたから余計に思うのかもしれない。田淵が「なんで地方までいって最前で同じ顔見なきゃいけねーんだ」っていったのすごいなって。それを踏まえてFC会員にはチケットがいくようにって話とかさ、SMAの企業努力もすごいと思うんです。


ニゾンの作る音楽は、

Izzy前からもすごく好きだったけど

Izzy後からさらに好きになったし、

ブログ読み漁ってユニゾンっていう

3人のスタンスとかそういうのが

ほんとにかっこいいって。

そんな感じでユニクラになりました。


ちなみにね、

私とユニゾンを繋げてくれたのは

某Aなんです。

好きって気持ちは消えたけど、

それを感謝してる気持ちはなくなってない。